世界中で注目されているブロックチェーン | 業界情報 | 株式会社ネオス
  1. ホーム
  2. 業界情報コラム
  3. 世界中で注目されているブロックチェーン

業界情報コラム

Information

世界中で注目されているブロックチェーン

2017/05/02

数日前にニュースリリースされた記事をご紹介します。

「積水ハウス(株)は、国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業(株)bitFlyerと共同で、
 ブロックチェーンテクノロジーを利用した不動産情報管理システムの構築を開始」

 ブロックチェーンとは?
 仮想通貨ってあのビットコインの?
 仮想通貨と不動産情報管理システムがどう関係するの?
 積水ハウスは何するの?

「?」だらけナゾだらけの記事でした。

調べていくと、「ブロックチェーン」は
以前にも書いた「不動産テック」の1つだと言う事が何となく分かりました。

調べれば調べる程、その発想力のすごさに気付かされました。

ブロックチェーンとは、住宅不動産業界用語として簡単に説明すると
不動産取引(契約)や不動産(家)に付随するあらゆる商取引(売買・賃貸)の
「所有権」「利用権」等の「取引記録」をネットワーク上で共有(シェア)する事です。
その結果、その取引の認証スピードが改善され、
取引が安全かつ迅速に可能になるそうです。

これまでの考え方は、いわゆる「ホストコンピュータ」として
「どこか一カ所」だけにデータは格納されるというのが当然でありました。
ブロックチェーンは同じデータが複数箇所に分散されます。
「取引記録」が共有(シェア)されるので、
不正会計・データ改ざん・社員による不正行為などなど
これまで新聞を騒がせてきたその手の事件が無くなるかもしれないそうです。

大手住宅不動産会社が率先して取り組むのが分かるような気がします。

ブロックチェーン的な発想で
データベースの根本的な考え方を見直す必要があるのかもしれません。

下記はプレスリリースの内容です。

積水ハウスのプレスリリース記事はこちら


« 新着業界情報コラム一覧 »