2018年度マンション管理会社満足度ランキング調査結果について | 業界情報 | 株式会社ネオス
  1. ホーム
  2. 業界情報コラム
  3. 2018年度マンション管理会社満足度ランキング調査結果について

業界情報コラム

Information

2018年度マンション管理会社満足度ランキング調査結果について

2018/11/21

分譲マンション購入・売却検討者の会員約22万人を有するマンションのセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」は、

「第10回 管理会社満足度調査ランキング2018」の結果を公開しました。

 

調査表は「全体ランキング」「理事経験者による満足度ランキング」「管理戸数10万戸未満の管理会社 満足度ランキング」の

3パターンとなっており、それぞれに対し「1.管理人 2.管理会社 3.コスト 4.サービス・イベント 5.満足度 」1~5をまとめた「総合満足度」の

6つのカテゴリでヒアリングされています。

 

この中で特に気になったのが、「4.サービス・イベント」カテゴリ中の「Web※1(WEBサイトを活用している)」の

突出したポイントの低さです。

 

他項目は最上位の会社で70~80ポイントなのに対し、本項目は最上位の会社でも35ポイント前後に留まっています。

 

今や情報収集や問合せなどのコミュニケーションツールとして欠かせないものとなっているWEBが、

このような低調な数字になっているのに強い違和感を覚え、理由を探ってみたところ、

大きく分けて2つの理由が考えられました。

 

一つ目は「マンション管理会社への問合せや情報収集にWEBサイトを利用する必要性が感じられない」といった理由。

恐らく、組合員・居住者(ユーザー)の方々にとって、問合せはフロントマンやお客様センター等にすることが慣習となっており、

そもそもWEBサイトを訪れようとしないのではないでしょうか。

 

二つ目は「マンション管理会社のWEBサイトは活用できるものが少ない」といった理由。
仮にユーザーが積極的に活用しようとしても、その受け皿となるコンテンツが極めて少ないのが実態のようです。

確かにQ&Aコンテンツなどを掲載している会社が少ないばかりか、WEBサイトの閲覧はスマホからが

60~70%を超えると言われている昨今において、スマホ版のページを設定していない会社も数多く見られます。

 

WEBサイトの活用度が低い原因と想定される上記2つの理由は、更にWEBの活用が進み、

ユーザーからのニーズが高まる時勢において、「顧客満足向上対策」として管理会社が取り組まなければならない重要な課題とも言えます。

 

ネオスとしてもマンション管理会社のWEBサイト・WEBサービス充実のお手伝いをできるよう、

積極的に提案を行って参ります。

 

管理会社満足度調査ランキング結果は下記の記事をご参照ください。

<参考記事>

第10回マンション管理会社満足度調査ランキング
※住まいサーフィンのサイトへリンク

 


« 新着業界情報コラム一覧